インスタグラムのリポストとは?投稿をシェアする方法と注意点を解説

インスタグラムのリポストとは?投稿をシェアする方法と注意点を解説

インスタグラムを使っていると「他のユーザーの投稿をシェアしたい」と思うことはありませんか?

自社製品やサービスについて素敵な投稿をしているユーザーを見つけたら、ぜひシェアしたいと思う人は多いでしょう。

リポスト投稿をご存知ですか?

Twitterのリツイート機能ような、簡単に他のユーザーの投稿をシェアする機能がインスタグラムにはありません。そのため、インスグラムは拡散性が低いSNSと言われています。

けれど、インスタグラムにもリポストと呼ばれる投稿をシェアする方法があります。

今回は、リポストについて解説します。

「リポストってどうやるの?」「トラブルなくリポストするには、何に気をつければいい?」

などリポスト投稿に興味はあるけれど方法がわからない人は、ぜひご一読いただき参考にしてくださいね。

リポストとは?

リポストとは?

リポストとは、他のユーザーの投稿を自分の投稿としてシェアする機能です。

リポストによって、投稿が拡散し他のユーザーへアプローチができます。

さらに、リポスト投稿は効率的に投稿を増やすことが可能なため、他のユーザーのお役立ち投稿をまとめたキュレーションアカウントもたくさんあります。

また企業アカウントでは、自社製品やサービスを使用した感想・写真などの投稿をリポストすることで、ユーザーやターゲット顧客が親しみを感じやすくなります。

リポストのメリット

リポストのメリット

先述したようにリポスト投稿にはいくつかのメリットがあります。

個人アカウントでは、友人の投稿をシェアしあうことで、よりコミュニケーションを楽しめるでしょう。

自社製品やサービスをアプローチするビジネスとしてインスタグラムを活用しているアカウントは、さらに以下の2つのメリットがあります。

  • 親近感のアップ
  • UGCが活用できる

親近感アップ

ビジネスとして活用しているアカウントは、自社製品の宣伝や広告など、ビジネス感が強く出過ぎでしまうことがあります。

ユーザーの投稿をリポストすることで、ビジネス感が弱まり、他のユーザーも親近感を感じるアカウントになります。

UGCの活用

UGCとはユーザーの作ったコンテンツのことです。

インスタグラムに自社製品やサービスについて発信しているユーザーの投稿を、自社アカウントでリポスト投稿し紹介します。

UGCには3つのメリットがあります。

  1. 信頼性
  2. 投稿の量・質
  3. 効率化

ユーザーが自発的に発信している投稿は、クチコミとしての信頼性があります。

またユーザーの投稿数が多ければ投稿量の確保ができ、少ない作業量で継続的なリポスト投稿が可能です。

UGCをたくさん集めるには、オリジナルのハッシュタグを作り、ユーザーへ使用してもらうよう呼びかけることが効果的です。

オリジナルハッシュタグの認知には時間がかかりますが、浸透することで良質なUGCを集めることができます。

リポストの方法

インスタグラムの投稿をリポストする方法は、2つあります。

  1. インスタグラムのアプリを使う方法
  2. 外部アプリを使う方法

ストーリーズを使う方法

まず、インスタグラムのアプリだけを使い、リポストする方法を解説します。

①投稿の左下にある、シェアボタンを押します。

シェアを選択します

②ストーリーズで発信をします。

ストーリーズに投稿します

ストーリーズのシェア

③投稿したストーリーズを開き、右下にある「その他」を押します。

その他を選びます

④「投稿としてシェア」を選択します。

投稿としてシェアを選択します

⑤通常の投稿のようにキャプションを記載し、投稿をシェアします。

投稿をシェア

外部アプリを使う方法

もっともポピュラーなリポストのアプリは「Repost for Instagram」です。

Repost for instagramを使ってリポストする方法をご紹介します。

①スマホにRepost for Instagramのアプリをダウンロードします。

リポストアプリのアイコン

App Store:Repost for Instagram
Google Play:Reposter for Instagram

②シェアしたい投稿の右上にある・・・をタップし、「リンクをコピー」します。

リンクをコピーする

③リポストアプリを開くと、リンクをコピーした投稿が表示されます。
リポストしたい投稿を選びます。

投稿の選択

④アカウント名の表示位置を選択・その他の設定(キャプションもコピー)で、再投稿をタップします。

再投稿する
⑤ストーリーズorフィードを選びます。

フィードがストーリーズを選択する

フィードを選んだ場合

通常の投稿の手順通り進めていき、キャプションはペースト機能で貼りつけます。

投稿のシェア

ストーリーズを選んだ場合

通常のストーリーズ投稿と同じ手順で投稿します。

ストーリーズのシェア

リールをリポスト投稿する場合

リール投稿もリポスト投稿が可能です。

フィードを選択すると、リールの投稿方法の選択画面が出てきます。

リールの投稿方法を選択

希望の投稿方法を選択し、通常のフィード投稿またはリール投稿の手順で投稿します。

リポストの予約投稿

「投稿の拡散狙って、決まった時間に投稿したい。」などリポスト投稿を予約したいと思うインスタ運用担当の方もいるでしょう。

Repost for Instagramのような外部アプリを使えば、リポスト投稿の予約も可能です。

Repost for Instagramのアプリは、スマホのみ利用できるアプリです。

スマホとPCをうまく使い、効率よく予約投稿する方法をご紹介します。

リポスト投稿の予約方法
①リポストしたい写真をダウンロードする
②クリエイターズスタジオを使って予約する

リポストしたい写真をダウンロードする

予約投稿はPCでする人がほとんでしょう。

Repost for Instagramを使って再投稿をすると、リポスト用の投稿画像がスマホの写真フォルダに保管されます。

スマホからPCへ投稿画像をダウンロードしましょう。

ダウンロード方法は、googleフォトやAmazonフォトなどのクラウドサービスを使います。

スマホにgoogleフォト・Amazonフォトのアプリをダウンロードし、写真フォルダと同期すると簡単にPCで画像を取得できます。

Apple製品同士であれば(MacBookとiPhoneなど)Airdropを使って、直接PCへ画像や動画を送信できます。

 Googleフォト

App Store :Googleフォト
Google Play:Google フォト

クリエイターズスタジオを使って予約する

インスタグラムの予約投稿は、もっとも一般的なクリエイターズスタジオ」を利用します。

クリエイターズスタジオはFacebook社の公式ツールです。

クリエイターズスタジオを使い、投稿を予約する手順は以下の通りです。

①クリエイターズスタジオにインスタグラムのアカウントでログインします。
②「Create Post」を選択し、「Instagram Feed」を選びます。
③キャプションをリポスト元の投稿からコピーし貼り付けます。
④投稿画像をアップロードします。
⑤必要に応じて、アカウント名をタグ付けします。
⑥右下のPublish▽を選択し、日時を指定し投稿を予約します。

詳しいクリエイターズスタジオの使い方は以下の記事も参考にご覧ください。

リポストのマナーと注意点

リポストの注意点
他のユーザーの投稿をリポストする際は、トラブルを避けるためにもマナーに注意しましょう。

リポスト元に許可を得る

リポスト元に必ず許可をとりましょう。

許可を取らずに無断でリポストしてしまうと、トラブルの元になってしまいます。

リポスト掲載依頼のDM参考例
はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。〇〇(担当者名)と申します。
この度は、素敵な写真を投稿くださりありがとうございます。
よろしければ、〇〇様の投稿を公式アカウントにてご紹介させていただけますか?
恐れ入りますが〇月〇日までに、掲載の可否についてご検討いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信があれば、お礼も忘れずに伝えましょう。

リポスト元のアカウントを明記する

リポスト元のアカウント名を明記しましょう。

  • 投稿画像にアカウント名を記載する
  • タグ付けをし投稿しする
  • キャプションにアカウント名を記載する

ひと目でリポスト投稿・誰の投稿か判別できるようにアカウント名を明記しましょう。

さらに、ユーザーがリポスト元のアカウントにアクセスしやすいように、アカウント名をキャプションに記載するなど、リポスト元はしっかり記載しましょう。

リポスト投稿は編集しない

リポスト投稿する際は、投稿画像の編集はやめましょう。

もし編集する場合は、必ずリポスト元に編集の許可・編集後の画像の掲載許可を必ずとります。

著作権侵害などトラブルの元になるため、リポスト投稿の内容は基本的に編集せずに投稿しましょう

リポストができない原因

リポストができない理由

リポストができない場合、どんな原因があるでしょうか?
考えられる原因2つを解説します。

相手アカウントの設定

リポスト元のアカウントの設定によりリポストができない場合があります。

リポストの元のアカウントが「鍵アカ」と呼ばれる公開範囲が限定的なアカウントになっていると、投稿のシェアができません。

また、公開されているアカウントでも、ストーリーズのシェア設定をオフにしていると、他のユーザーは投稿をシェアできません。

ストーリーズシェア設定は、以下の方法で確認してみてください。

①アカウント右上のメニューから設定を選びます。
②プライバシー設定を選択します。
③ストーリーズを選択します。
④下にスクロールし、シェアの欄から「ストーリーズのシェアを許可する」でオン・オフの設定を確認します。

ハッシュタグが30個以上

リポスト元の投稿と自身が設定するハッシュタグが合計30個以上になってしまった場合、投稿ができません

なぜかシェアボタンがオンにならない。クリエイターズスタジオで投稿時間が設定できない。などのトラブルは、ハッシュタグが多すぎる場合があります。

リポスト投稿をしてみよう

リポストしてみよう
リポスト投稿についてご紹介しました。

リポスト投稿の方法は2通りあります。

  1. インスタグラムでストリーズを使いリポストする方法
  2. 外部アプリを使いリポストする方法

外部アプリで画像を作成し、PCへ投稿画像をダウンロードすればリポスト投稿の予約も可能です。

リポスト投稿の際には以下の3点に注意しましょう。

  1. リポスト元に掲載許可をとる
  2. リポスト元を明記する
  3. リポスト投稿は編集しない

もし、リポストできない場合は以下の原因が考えられます。

  1. 相手アカウントが非公開になっている
  2. ストーリーズがのシェア設定がオフになっている
  3. ハッシュタグが30個以上ある

リポスト投稿は、ユーザーとのコミュニケーションや信頼性・親近感がアップします。

ぜひシェア機能やリポストアプリを活用し、他のユーザーの投稿をリポストしてみてくださいね

SNS仲人では、インスタグラム運用のお悩みを無料で相談ができます。

インスタグラム運用に精通した運用代行会社とのマッチングも可能です。

ぜひお気軽にSNS仲人をご活用ください。

この記事を書いた人

岩田裕美

三浦 眞那美

都内在住、二児の母。
バンクーバー・シアトルへ留学後、医療・金融業界にて10年間従事。
ライターへ転身後、Instagramマーケティングを勉強中。

関連記事

  1. インスタの認証バッジとは?申請方法や知っておきたい注意点も解説

    インスタの認証バッジとは?申請方法や知っておきたい注意点も解説

  2. インスタのハッシュタグフォロー機能の使い方は?知っておきたい3つの注意点

    【Instagram】ハッシュタグフォロー機能の使い方と3つの注意点

  3. 超初心者でもわかるインスタの始め方!アカウント作成から便利な機能まで解説

    【完全初心者向け】5分でわかるインスタグラムの始め方

  4. InstagramとFacebookを連携して同時投稿する方法

    InstagramとFacebookを連携して同時投稿する方法

  5. ストーリー質問

    インスタストーリー「質問」スタンプの使い方!答え方や注意点も解説

  6. インスタグラムのプロアカウントとは?設定手順も解説

    インスタグラムのプロアカウントとは?設定手順も解説

無料相談はこちら

無料相談はこちら

インスタ特集記事

自動いいね