インスタグラム広告の料金形態と費用相場を解説

インスタグラム広告の料金形態と費用相場を解説

インスタ広告は、SNSの中でも広告の種類が豊富で、アクティブユーザー数も多いため広告配信に適しています。しかし広告を配信する際に気になるのは、費用がいくらになるか、です。

そこでこの記事ではインスタ広告の費用相場や、課金方法の種類、広告の種類などについて詳しく紹介します。

フォロワーを自動で増やす!

インスタツールTOP3

インスタ広告とは

インスタ広告とは、Instagramで配信できる広告のことです。Instagramは、日本国内に限っても3,300万人のアクティブユーザーがいるのが魅力です。またユーザーがアプリを利用する頻度も高いため、高い広告効果が期待できます。広告の種類や配信面も豊富であり、ターゲットも細かく設定できるため、広告を出すにはおすすめのSNSといえるでしょう。

インスタ広告の主な特徴

インスタ広告の主な特徴としては、次のものが挙げられます。

  • ターゲットを細かく設定できる
  • 広告の種類や配信面が豊富
  • 若年層や女性ユーザーにアピールができる

ではそれぞれの特徴についてみてみましょう。

ターゲットを細かく設定できる

まずインスタ広告の特徴として、広告を配信する際にターゲットを細かく設定できる点が挙げられます。InstagramはFacebookの運営で知られるMeta社傘下のサービスであるため、Facebookアカウントの情報をもとにターゲット設定ができます。設定ができる主な項目はつぎのとおりです。

  • 年齢
  • 性別
  • 住んでいるエリア
  • 学歴
  • 既婚・未婚
  • 職業
  • 出身地
  • 興味・関心があるコンテンツ

Facebookは実名制のため、情報の精度が高く上記のような詳細な情報も設定できます。またInstagram上でも、コメントした内容やいいねのジャンル、フォローアカウント傾向なども分析できるため、より詳細にターゲットを分析して広告配信を設定できるでしょう。

ターゲットを詳細かつ正確に絞り込めると、その分広告費を削減し費用対効果を高められます。これはSNSで広告を配信する上で大きなメリットといえるでしょう。

広告の種類や配信面が豊富

Instagramは、ほかのSNSと比べても配信できる広告の種類や配信面が多いのも魅力です。主な広告の種類は次のとおりです。

  • 写真広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告
  • ショッピング広告(商品タグ付き広告)
  • ブランドコンテンツ広告
  • アンケート広告

近年は広告を配信できる配信面がさらに増えて、現在は7種類の広告があります。配信面の種類が多く、写真や動画のほか、タグやカタログのような広告ができるため、より幅広い表現でユーザーに商品・サービスが訴求できるでしょう。

それぞれの広告については、記事の後半でも紹介しているため、そちらも参考にしてください。

若年層や女性ユーザーにアピールができる

総務省が調査した結果※によれば、Instagramの利用率は20代が73.3%と非常に高く、10代も70.0%と高い利用率を誇ります。また男性全体の利用率が41.4%であるのに対し、女性全体の利用率は58.9%であり女性に人気があることがわかります。

そのため、若年層や女性をターゲットとする商品・サービス、たとえばアパレル商品や、美容関連商品などを展開している場合には、高い広告効果が期待できるでしょう。

※出典:【令和4年度】主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率(全年代・年代別)

インスタ広告費用はどのくらい必要?

インスタ広告は1日1ドル(約141円※2023/12/29時点)からと、非常に低価格から設定可能です。

上記のような少ない予算で広告を出稿できる点がインスタ広告の魅力ですが、効果的な広告配信のためには最低でも月額3~10万円以上が必要とされています。予算が少ないとターゲットが限定される上、競合とのオークションに負けて掲載順位が下がることや、広告が出稿できないケースもあるからです。

逆に数十万円〜100万円ほど予算がある場合は、たくさんのユーザーにアプローチができるため認知度が大幅にアップするメリットがあります。

もちろん少ない額でも広告運用はできるため、予算がない場合は、数万円からインスタ広告を利用してみましょう。インスタ広告はAI機能を使ったターゲティングにより表示されるため、広告の反応率を見ながら修正・改善をおこない、AI機能の学習に繋げることで広告効果を高めながら運用ができます。

インスタストーリーの広告費用相場

インスタストーリーで広告を配信する場合に最低限必要な費用は1日500~1,000円程度です。この程度の予算で考えれば、1日800~1,200回程度ストーリーの再生が期待できます。もう少し予算を増やすか、動画のクオリティを上げれば1日20クリックも達成できるでしょう。

ただし、当然商材によっても予算や効果は大きく変わるため、運用を続けながら最適な予算を分析するのが重要です。

インスタ広告の4つの料金形態と費用相場

インスタ広告は、広告を行う目的に応じて4種類の料金形態から課金方法が選択できます。

料金形態費用相場主な目的
CPM Cost per Mille0.5円〜1円/1リーチ認知度のアップ
CPC Cost per Click40円〜100円/1クリック外部サイトへ誘導
CPI Cost per Install100円〜150円/1インストールアプリのインストール
Thruplay(CPV)3~6円/1再生(15秒以上)ブランド認知

それぞれの料金形態の特徴や、費用相場について詳しくご紹介します。

CPM

CPMは、広告の表示回数に応じて課金される料金形態です。CPMはCost Per Mileの略で、Mileは「1,000」という意味です。広告の表示回数が1,000回あたりの料金を表します。

費用相場は0.5円〜1円/1リーチと、少ない予算で広告を利用できる点や、シンプルな仕組みで運用しやすいのがメリットです。そのためブランドや商品の認知度アップ、投稿のエンゲージメントを高める目的に適しています。

ただしターゲティングが不正確だと、顧客獲得につながらない可能性があるため運用には注意が必要です。

CPC

CPCは、広告がクリックされるごとに料金が発生します。費用相場は40円〜100円/1クリックです。広告がクリックされるごとに料金が発生するため、仕組みや費用対効果がわかりやすく、目的に対して予算を効率的に使えるのが特徴です。

商品購入の促進やアプリのダウンロードページなど外部サイトの誘導に適しています。一方で、ユーザが誤ってクリックをした場合も料金が発生するため、効果的な広告配信には慎重なターゲティング設定が必要でしょう。

CPI

CPIはアプリのインストールごとに料金が発生します。費用相場は100円〜150円/1インストールごと。インストールはクリックや動画視聴よりもハードルが高いため、費用相場も高い傾向にあります。

CPIも、1インストールごとに料金が発生するため、仕組みや費用対効果がわかりやすいことがメリットです。また有料アプリであれば、インストールした時点で売上が発生するため、損が出ることはほぼないのも魅力といえるでしょう。

Thruplay(CPV)

Thruplayは、動画が最後まで再生されるか、または15秒以上動画が再生された動画広告に対してのみ、料金が発生します。InstagramとFacebook独自の仕組みで、ほかのSNS広告では「CPV(Cost Per View)」と呼ばれています。CPVは2秒や10秒の再生で料金が発生しますが、Thruplayは15秒以上見てもらえた場合に料金が発生する仕組みのため、より高いブランド認知効果を期待できるのが魅力です。

費用相場は1再生3~6円で、動画が最後まで再生されるか、15秒以上動画が再生されるかのどちらかを選択できます。またこれとは別に動画がクリックされた場合にも、費用は発生します。費用相場は1クリック100~200円と高いため、動画の質を高めてその後のアクションへ、しっかりつなげることが重要です。

インスタ広告を外部が代行した場合の費用相場

「インスタ広告を設定する時間がない」
「効果的な広告配信がわからない」
など、広告配信を外部に代行してもらいたいと考えることもあるでしょう。

外部へ依頼する場合、以下の2つの方法があります。

広告代理店

広告代理店がインスタ広告の運用を代行した場合は、一般的に広告費用の20%が手数料の相場です。広告設定や運用を依頼する分、必要な費用は増えます。

けれど、流行やアルゴリズムなど最新のインスタグラム情報に、常にアンテナをはっている広告代理店が運用を代行すれば、依頼する費用以上に広告効果を高められるメリットがあるでしょう。

インスタグラマー

インスタグラマーへ広告を代行してもらう方法もあります。費用は、フォロワー1人あたり2〜6円が相場と言われています。

インスタグラマーはコアなファンがフォロワーになっていることも多く、憧れや尊敬されているインスタグラマーが商品やサービスを宣伝することで、大きな広告効果が得られるでしょう。

ただしフォロワーの数だけを見て依頼すると、ターゲット層に訴求できず費用が無駄になるため、自社商品やサービスにあったインスタグラマーに依頼することが重要です。

インスタ広告費用の設定と支払い方法

インスタ広告は、あらかじめ予算を設定できます。設定した予算金額以上は請求されることはありません。Facebookビジネスヘルプセンターでは費用について以下の通り説明しています。

予算: 広告の掲載で消化する予定の金額です。 消化金額: 実際に支払う金額(最大予算の範囲内で使用された金額)です。 引用元:Instagram広告料金の請求について

広告費用の設定は、Facebookの「広告マネージャー」で設定します。「予算と掲載期間」の項目で「1日の予算」または「通算予算」を選び設定します。掲載期間も自由度が高く、掲載終了日を設定するか、常時掲載にするか、特定の日付・曜日だけ掲載するかが選択でき、期間の延長や短縮も可能です。インスタ広告の詳しい設定方法は以下の記事もご覧ください。

インスタ広告が掲載できる4種類の配信面

インスタにはさまざまな配信面があり、それぞれで広告を配信できます。配信面の種類は次のとおりです。

  • フィード
  • ストーリー
  • 発見タブ
  • リール

では、それぞれの配信面を広告の目線から詳しく紹介します。

フィード

フィードは、フォローしているアカウントの投稿が流れる場所で、この投稿の間に、投稿と同じ形式で広告が流せます。広告の種類は次のとおりです。

  • 写真広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告
  • ショッピング広告
  • ブランドコンテンツ広告
  • 動画広告 など

基本的には、ほとんどの広告が載せられます。各広告の紹介は次の見出しで行っているため、そちらも参考にしてください。投稿の間に挟むことで広告感が薄められるため、日常で使う商品などタイミングを選ばず紹介したい場合や、ブランドの認知度を高めたい場合におすすめです。

ストーリーズ

ストーリーズは24時間で投稿が消えるため手軽に投稿でき、フォローしているユーザーはリアルタイムな投稿を見られます。広告は、トップページのストーリーズ再生中に出る形式で、画像と動画どちらも配信でき、スマホ画面全体に表示される縦型のフルスクリーンでダイナミックに表示されることが魅力です。

またインスタグラムユーザーの70%※が日常的にストーリーズを利用している調査結果もあるなど、幅広いユーザーへ広告効果が期待できます。配信できる主な広告の種類は次のとおりです。

  • カルーセル広告
  • コレクション広告
  • 写真広告
  • 動画広告
  • アンケート広告 など

ストーリーズをチェックするのはアクティブなユーザーであるため、キャンペーンの告知や期間限定商品の紹介などに適しています。ただし再生時間が1~15秒と決められているため、強く訴求できるコンテンツを作成する必要があるでしょう。

※出典:インスタグラムの最新動向調査

発見タブ

発見タブは、ユーザーごとに好みを分析し、興味関心をもつであろう投稿が一覧で表示されています。発見タブのなかで気になるものをタップすると、投稿の詳細が表示され、さらにスクロールすると広告が表示される仕組みです。配信できる広告の種類は次のとおりです。

  • 写真広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告
  • ショッピング広告
  • ブランドコンテンツ広告
  • 動画広告 など

こちらもフィード同様、基本的にさまざまな広告が配信できます。フィードとの違いは、表示内容がユーザーごとにカスタマイズされていることです。自社の商品・サービスに関連したジャンルに興味関心をもつユーザーに向けて広告が配信できるため、高い広告効果が期待できるでしょう。

リール

リールは最大60秒の短い動画を見られる配信面です。そのため配信できる広告も基本的には動画広告のみで、スクロールした投稿の間に流れます。ストーリーズのように縦長フルスクリーンの広告で、ダイナミックに表示される上、最大60秒まで流せるため、クリエイティブの幅を広げられるでしょう。

またフィード投稿のようにキャプションやハッシュタグがつけられるのも魅力。ただしストーリーズのようにURLは貼り付けられないため、うまく使い分けるのがおすすめです。

さらにリールはリール専用画面のほか、フィードや発見タブ、プロフィールにも表示されるなど、リール画面へアクセスする導線が豊富で、幅広い入り口からユーザーの流入が期待できます。

ターゲットに合わせたインスタ広告7種類

インスタ広告は7種類あります。ターゲットやアピールしたい広告内容に合わせて使い分けましょう。

  1. 写真広告
  2. 動画広告
  3. カルーセル広告
  4. コレクション広告
  5. ショッピング広告(商品タグ付き広告)
  6. ブランドコンテンツ広告
  7. アンケート広告

写真広告

写真広告は画像を使った広告で、1枚の画像とキャプション(説明文)で構成されています。非常にシンプルでビジュアルが伝えやすい広告です。「詳しくはこちら」や「お問い合わせ」といったボタンが表示され、リンク先にユーザーを誘導してくれます。

フォロワーの投稿と同じように表示され、ユーザーが広告と感じにくく身近に感じられることがメリットです。認知度アップやエンゲージメントを高めるのはもちろん、自社サイトや通販サイトに誘導したい場合にも効果的です。

動画広告

動画を使った広告です。動画は写真や画像よりもたくさんの情報をもっているとされ、その情報量は文字の5000倍と言われることもあります。視覚的に商品やサービスの情報だけでなく、ブランドストーリーや共感を伝えることもできるため、ブランドの認知度アップに効果があります。

フィードや発見タブ、リールへ配信する場合は最大60秒まで流れますが、ストーリーズの場合は最大15秒までしか流れないため、事前にどこへ配信するか考えたうえで動画を作成しましょう。またインスタは外出中や移動中に、音声を流さない状態でよく見られるため、音声なしでも内容がわかるようつくるのがおすすめです。

カルーセル広告

カルーセル広告は、紙芝居のように画像や動画を複数使った広告です。画像・動画は1度に10まで使用可能です。それぞれの画像や動画に別々のリンクがつけられるため、商品の詳細情報や複数の商品を一度に紹介したいときや、ストーリー仕立てで商品を紹介したい場合に活用されます。

2枚目以降の画像はスワイプしないと表示されるため、スワイプをしたくなるしかけがあるといいでしょう。

コレクション広告

コレクション広告複数の写真や画像をまとめた広告です。メインの画像や動画の下に複数の商品画像を掲載し、カタログのような広告になります。

商品が気になったユーザーは、広告をタップすると、商品詳細のページが表示されます。さらにタップすれば、商品購入ページまで簡単に移動ができます。潜在顧客が視覚的に没入しやすく、簡単に商品購入ができるため、ネットショップオーナーはぜひ活用したい広告です。

またコレクション広告の利用には、Facebookのコマースマネージャーより商品カタログの作成が必要です。インスタグラムのショッピング機能にも活用できるため、ネットショップオーナーのかたは以下の記事もぜひ参考にご覧ください。

ショッピング広告(商品タグ付き広告)

ショッピング広告(商品タグ付き広告)とは、Instagramのショッピング機能を使った広告のことです。通常のショッピング機能では、画像をタップすると商品タグが表示され、商品の詳細ページが確認でき、さらにタップするとECサイト(ネットショップ)へ移動して購入できる機能です。

一方でショッピング広告では、上の画像のように商品タグをタップするタイミングでリンクボタンが表示されるため、ショッピング機能のような手間を省いてユーザーをECサイトに誘導可能です。何度もタップが必要なショッピング機能と比べて、購買意欲を損なわないまま商品の購入に結び付けられるため、売上につなげやすいのが魅力です。

またインスタに投稿したものをそのまま広告として利用できるため、広告感を薄れさせることも可能です。フォロワー以外にも投稿を見てもらえ、フィードやストーリーズなど幅広い配信面に使えるため、ターゲット層に幅広くリーチできるでしょう。

ブランドコンテンツ広告

ブランドコンテンツ広告とは、インスタグラマーが自社の商品・サービスに対するPR投稿を行ったあと、その投稿を広告として配信できるものです。インスタグラマーはどういったものがユーザーに受けるかを熟知しており、投稿の質が高いため、これを流用することで質の高い広告配信ができます。

また自社で広告用の画像撮影や動画制作を行う必要がなく、手軽に広告配信ができます。ただし、費用は広告費用にくわえ、インスタグラマーに支払う費用も必要となるため、予算は多めに用意した方がいいでしょう。インスタグラマーへの依頼を考えている方におすすめの方法です。

アンケート広告

アンケート広告は、ストーリーズで二者択一の質問ができる機能です。ストーリーズでしか利用できないため、投票式のキャンペーンといったリアルタイム性でユーザーの反応を高めたい場合におすすめです。

また商品に対してユーザーの声を集めたい場合にも利用できるでしょう。アンケートの結果で確認できるのは、合計投票者数やそれぞれの答えへの投票者数と割合、リーチ数などです。投票したユーザーを個別で確認はできないものの、ユーザーの興味を大きく引くことは可能でしょう。

インスタ広告の効果を上げる6つのポイント

ここではインスタ広告の効果を上げるポイントを6つご紹介します。

  1. ターゲットを決める
  2. 複数の広告を試し最適なフォーマットを見つける
  3. 質の高い画像や動画を使う
  4. ハッシュタグを活用する
  5. PDCAサイクルを回して改善を図る
  6. 予算の管理はしっかりと行う

ターゲットを決める

広告配信を設定する前にターゲットを決めましょう。ターゲットを設定することで、より興味を持ってもらえる配信方法や場所を推測できます。さらに興味・関心が惹かれる画像や動画の用意も可能になるでしょう。

多くのユーザーに対して認知度をアップさせたい場合でも、詳細にターゲットを決めることで、ユーザーの記憶に残る広告を作成できます。例えば、エステの広告の場合、ターゲットを「女性」と設定します。

しかし「女性」と一言で表しても、さまざまなライフスタイルの女性がいます。年齢・ライフスタイル・収入・居住地など詳細な検討が必要です。ぜひターゲットの詳細を検討してみましょう。

複数の広告を試し最適なフォーマットを見つける

前述したように、Instagramは広告の種類も配信面も非常に豊富であるため、自社や自社の商品に最適なフォーマットを探すのも重要です。最適なフォーマットを見つけられれば、最小の予算で最大の効果が得られます。

たとえばECサイトへの誘導が目的であれば、コレクション広告やショッピング広告が適している、と考えられるでしょう。またある程度絞り込めたあとは、複数の広告を同時に配信し、どの広告がもっとも効果を上げたか調べるのが大切です。InstagramにはA/Bテスト機能もあるため、うまく活用してください。

質の高い画像や動画を使う

ターゲットの好みや興味関心が惹かれる画像・動画の作成も重要なポイントです。インスタグラムのフィードやストーリーを流し見しているユーザーの目が止まる画像や動画を作成しましょう。

インスタ広告は、他のユーザーの投稿と一緒に表示されます。広告の場合、広告の上部に「広告」と表示があります。これはふだん流し見をしているユーザーにはすぐに広告と気づきにくいデザインです。

しかし広告色が強いデザインや、露骨にデザイン性の低い画像・動画では、すぐに広告だと気づかれユーザーは興味を失います。そのためユーザーのスクロールする指が止まるような、クオリティにもこだわった広告を作成しましょう。

ハッシュタグの活用

ブランドの認知度アップやキャンペーンオリジナルのハッシュタグのアピールには、ハッシュタグも有効活用しましょう。ハッシュタグは自社名やサービス名、関連するハッシュタグの利用がおすすめです。

キャンペーンの促進でオリジナルのハッシュタグがある場合は、オリジナルハッシュタグの認知・キャンペーンのアプローチにもなります。注意点は、広告よりもハッシュタグが注目されてしまう場合です。

商品販売・外部サイトへの誘導を目的とした広告では、ユーザーが広告ではなくハッシュタグをクリックしてしまい、広告の効果が低くなる可能性も考えられます。また、内容と関係のないハッシュタグや多すぎるハッシュタグはユーザーが困惑してしまいます。適切なハッシュタグの利用を心がけましょう。

ハッシュタグの付け方や選び方については、以下の記事でも紹介しているため、こちらも参考にしてください。

PDCAサイクルを回して改善を図る

実際に広告の運用を開始した後も、PDCAサイクルを回して改善を図るのが重要です。インスタでは、公開中の広告でも、簡単に内容が差し替えられるため、スピーディーにPDCAを回すことが可能です。定期的に広告の効果を分析し、費用対効果を最大にできるよう運用しましょう。

インスタ広告を使った企業の成功事例

最後にこれからインスタで広告を運用する際に参考となるよう、インスタ広告を使った企業の成功事例を紹介します。

NTTソマーレ株式会社

国内最大級の電子コミック・電子書籍ストア「コミックシーモア(cmoa)」で知られるNTTソマーレは、業界内で継続的にシェアを拡大するためには会員登録を促すだけでなく、電子書籍=コミックシーモアになることが重要だと考え、ブランド広告の強化を行っています。

NTTソマーレではその一環として、広告キャンペーンをFacebookとInstagramで展開。タレントの顔がマンガキャラクターになるユニークな演出を使用したTVCMを、インスタの新しい機能ARを使って再現し、利用者に体験してもらうことでコミックシーモアを身近に感じてもらえるようにしました。

結果、広告想起率(ユーザーの記憶にどれだけ定着したかの割合)は通常のブランド広告と比較して2.4倍、メッセージ連想率は5.7ポイントアップしたとのことです。

出典:成功事例「NTT SOLMARE」

Tropicana

老舗ジュースブランドとして知られるTropicanaでは、店舗において主力商品であるオレンジジュースの売上を伸ばす方法として、顧客とのつながりを増やすためにInstagramリールに着目。これまでフィードやストーリーズ、発見タブで配信していた広告にくわえ、リールを使ったオレンジジュースの広告動画を配信しました。

配信後店舗での売上調査を行ったところ、これまでと比べて費用対効果は2.4倍、売上は1.1%増加しました。また1,600万人へのリーチに成功し、広告想起は4.1ポイント、メッセージ連想は1.4ポイント上昇したのでした。

出典:成功事例「Tropicana」

まとめ

インスタ広告の費用と効果的な活用方法について解説しました。インスタ広告には以下4つの料金形態があります。

料金形態費用相場主な目的
CPM Cost per Mille0.5円〜1円/1リーチ認知度のアップ
CPC Cost per Click40円〜100円/1クリック外部サイトへ誘導
CPI Cost per Install100円〜150円/1インストールアプリのインストール
ThruplayCPV)3円〜6円/1再生(15秒以上再生)ブランド認知

インスタ広告の活用のポイントは以下5つです。

  1. ターゲットを決める
  2. 複数の広告を試し最適なフォーマットを見つける
  3. 質の高い画像や動画を使う
  4. ハッシュタグを活用する
  5. PDCAサイクルを回して改善を図る

また広告の目的やターゲットに合わせて、4つの配信面と7つの広告スタイルから効果的なものを選びましょう

  1. フィード
  2. ストーリーズ
  3. 発見タブ
  4. リール
  1. 写真広告
  2. 動画広告
  3. カルーセル広告
  4. コレクション広告
  5. ショッピング広告(商品タグ付き広告)
  6. ブランドコンテンツ広告
  7. アンケート広告

インスタ広告は少ない予算から始められる点が魅力です。けれど、効果的に運用するためには月数万円〜10万円以上が必要です。また貴重な予算を無駄にしないために、インスタグラム運用のプロに相談する方法もあります。

SNS仲人ではインスタグラム運用代行会社の一括見積りができます。インスタ広告でお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

百田

百田

国立大学にてマーケティングを学び、卒業後メーカーへ勤務したのちライターへ転身。SaaSやInstagramマーケティングに関する記事を中心に執筆活動を行う。

関連記事

  1. インフルエンサーマーケティング会社とは?

    インフルエンサーマーケティング会社7選!選ぶポイントもご紹介

  2. アパレルブランドがインスタグラムで集客・ファンを増やすコツ

    アパレルブランドがインスタグラムで集客・ファンを増やすコツ

  3. インスタグラムのフォロワーを買うって何?フォロワーを増やす3つの方法

    インスタグラムでフォロワーを買う?相場料金と5つの注意点

記事カテゴリ